家造りをしていく時には、どのように費用を支払っていけば良いのかを考える必要があり、さらに設計も大事になります。これから費用や設計について詳しくお話していくので、マイホームを建設したいという人はぜひ参考にしてくださいね。

マイホーム建設費用の支払いについて

住宅ローンを利用しよう

新築の住宅となると数千万円以上するケースが多く、一度にそれだけのお金を用意するのは難しいかもしれません。その時には住宅ローンを利用すれば何とか支払いを先に伸ばしながら住めるでしょう。このときマンシ…

Learn Detail

金融業者から融資してもらう

マイホームの建設費用は、高額になりやすいのでどのようにして支払っていくのかを考えておく必要があります。そこで、金融業者から融資してもらうのも1つの方法です。金融業者からまとまった融資を受ける事も可…

Learn Detail

家造りの設計について

将来の事を考えながら設計する

建築士に相談して暮らしやすい家にしてもらう

設計ミスがないようにする

長期間貯金をしておく

家造りでは自己資金を多く確保するのがコツ

マイホーム購入には2,000万円を超える資金が必要になることが多いです。家造りの建設費用を全額貯金から捻出できれば理想ですが、現実は難しいでしょう。ただ全額をローンで調達してしまうと、頭金を入れないので審査で不利になりますし、将来的に支払いする利息が増えてしまう問題があります。やはり自己資金の比率は高ければ高いほどいいのは間違いありません。計画的に貯金をすることが自己資金を増やすコツですから、購入費用の20~30%の頭金確保を目標に貯めてください。2,000万円の物件を購入するなら、400~600万円程度の頭金があれば安心できます。ただし貯金をすべて使い果たすのは好ましくないので、月収の半年分くらいは確保しておくのがよいです。

繰り上げ返済をするためにも貯金を

多くの方がマイホームを建設するときに住宅ローンを利用しています。マイホームの建設計画に合わせて長期的に貯金をしておけば、若くして家を持つことが可能になります。購入時期はローン完済時期から逆算して考える必要があり、例えば35年ローンを組んで65歳までに完済したいという場合、遅くとも30歳で組むことが必須になります。マイホーム購入後も貯金は継続するのが好ましく、ある程度の貯金を確保できたら繰り上げ返済をしていきましょう。追加で返済して元金を減らすことで、将来の利息を抑えることができます。効率的に貯金をするためには、貯金する金額はそのまま口座に残しておき、余った金額を生活費にすることです。生活費の余った分を貯金する方法は、よほどの自己管理ができる人でなければ難しいです。

ローコスト住宅が実現できる理由

ローコスト住宅では、建築資材や設備の大量発注によるコストダウンを行っています。また、人件費や広告費も削減しているので、低価格の住宅を提供することが可能となっています。