住宅ローンを利用しよう

つなぎ融資を利用して支払う

新築の住宅となると数千万円以上するケースが多く、一度にそれだけのお金を用意するのは難しいかもしれません。その時には住宅ローンを利用すれば何とか支払いを先に伸ばしながら住めるでしょう。このときマンションや建売であれば既に建物があるので、その建物を担保とした住宅ローンをすぐに組めます。しかし注文住宅を建てる時は建てる契約をした時点では建物がありません。つまりは建物が完成するまで住宅ローンが利用できません。建築業者との契約にもよりますが、通常は建築中においても一定の支払いをしなければならないのでお金を工面しなければいけません。銀行においてはつなぎ融資を用意してくれていて、そちらを利用して建築業者に支払いをしていきます。

色々なローン商品から選ぶ

住宅ローンを利用して住宅を購入すると、その後は住みながらローンの返済をしていきます。住宅ローンにはいくつかの種類があって、返済総額などが変わってくるのでじっくり選ぶ必要があります。低金利時代に選ぶと良いのが変動金利で、その時点での金利は固定金利よりも低くなります。しかし変動金利は景気の変動に連動する仕組みなので、将来的に上がったり下がったりする可能性があります。将来的に金利が上ると困るなら固定金利を選択すると良いでしょう。完済までずっと同じ金利なので返済計画が立てやすくなります。どちらがいいか迷うときには中間的な利用も検討してみましょう。半分を変動金利にして残り半分を固定金利にする支払い方法もあります。