建築士に相談して暮らしやすい家にしてもらう

間取りのアドバイスを受ける

新たに住宅を購入するときに、既にできている建売ではなく自分で希望を伝えて作っていく方法があります。住みやすい家にしたいと考えるものの、建築に関する知識が全くないのでどうすれば住みやすくなるのかわからない人もいるでしょう。無理に自分で間取りを決める必要はなく、建築のプロである建築士にいろいろアドバイスを受けると良いかも知れません。間取りを決めるときには人が移動する動線を意識すると住みやすくなると言われます。動線をよくするためにキッチンをどこに配置するのか、LDKの位置関係はどうするか、扉をどこにつけるのがいいかなどを相談してみましょう。いろいろ提案してもらえるので、その中からしっくりくるものを選ぶと良いでしょう。

最適な建築素材を教えてもらう

日本の家屋は木造建築が多く、柱の他床などに使われたりします。木材にもいろいろな種類があり、スギやヒノキなどの他に木片を集めて固めたボードなどもあります。いくら木造と言ってもすべてを木では作れず、金属素材や化学繊維などを組合せながら造られていきます。家造りでは素材を決める必要もありますが、建築の素人だとどんな素材を使えば暮らしやすくなるかわからないかもしれません。その時は建築士に相談して希望に合った素材を提案してもらいましょう。日本には四季があり夏は非常に暑くて冬は寒くなります。暑さや寒さをしのぐには、風通しを考えながらも一定の機密性を保てる素材がいいのでしょう。壁材や窓の素材など何を選ぶのがいいのか教えてもらいましょう。